乳と蜜の流れる土地から

 

パレスチナ産農産物・連続セミナーのご案内

   

パレスチナを味わう 夏の涼

タイベビール & セージティー(マラミーヤ)

TAYBEH BEER     SAGE TEA (MARAMIYA)

                                                    (2006.7.7最新版)

セーブ・ザ・オリーブはパレスチナ産の伝統的かつ高品質な農産物を日本に紹介しております。

今回その生命力あふれた農産物、農産加工品のなかでも夏向けの飲み物を中心にご紹介します。同時に注目のパレスチナ情勢についても考えてみます。

お気軽にご来場ください。

2006年7月13日(木) 15:00-22:00

場所 カフェ・ラス・チカス(表参道) 
          多目的スペース『共存 Co-Exist』 

              渋谷区神宮前5-47-6   http://www.vision.co.jp/kz

               TEL 03-3407-6864   FAX 03-3400-5060

                   

    パレスチナ食品の試食(ビール、ハーブティー、オリーブオイル、
    ハーブ調味料)とトーク・プログラム、映像上映
  

     試食以外にドリンクの販売、商品の即売もいたします
 

     〔入場無料  試食プレート500円 〕                 チラシ(pdf)


      取材予定の方は事前ご連絡いただければご案内いたします。

      お問い合わせはセーブ・ザ・オリーブまで savetheolive@ao.main.jp  
       TEL 03-3408-1447  FAX 03-4570-0360 

〔プログラム〕

1600  「パレスチナの農産物の魅力:タイベビールとマラミーヤ」

1630 話 宮澤由彦/セーブ・ザ・オリーブ運営責任者 

  食と関係価値研究所代表。セーブ・ザ・オリーブ・プロジェクトにてパレスチナ産の農産物の販売を行う。
  専門は農産物流通の新領域創造。

 

1900  座談会「パレスチナの食文化の魅力」

2000 宮澤由彦/セーブ・ザ・オリーブ運営責任者 
     ×

  Mariam TAMARI(タマリ、マリアム)/声楽家
  日本人の母とパレスチナ人の父の間に生まれる。ソプラノ歌手として世界各国での演奏活動を続ける傍ら
  パレスチナ文化についての講演、執筆活動なども行う。

              ×

  池内義大/小説家
 イスラエル・パレスチナでの滞在経験を元にした国際ミステリー小説「ボーダーズ」で鮮烈デビューを飾る。

タイベビールやオリーブ摘みも小説に登場。

 

そのほかタイベ村にセカンドハウスを持っていた元現地駐在ジャーナリストも参加予定。

 

20302130 フリートーク懇談会  パレスチナの音楽や映像もお楽しみに。

 

 

        プログラムの合間では、パレスチナ映画の予告編他を上映いたします。 提供 アップリンク

        作品:『ガーダ-パレスチナの詩-』、『アルナの子どもたち』、『パラダイス・ナウ』、『プロミス』 ほか

 

 
場所
 カフェ・ラス・チカス(表参道) 
  多目的スペース『共存 Co-Exist』 
地下鉄表参道駅B2をでて、渋谷方面へ無印良品を右折し直進、突き当たり左手の建物1F
R246を渋谷から青山へ向かい骨董通りの手前の無印良品を左折し直進、突き当たり左手の建物1F
道路が狭いため車やバイク、自転車でお越しの際は最寄りのパーキングスペース等をご利用下さい。

 

  主催 セーブ・ザ・オリーブ
ライン
Copyright(c) 2004 Save The Olives. All Rights Reserved.
当ページ内の情報の転用・転載を歓迎します。